デパスやめる方法

デパスをやめるには?

デパスをやめる方法はあります。

  • 依存性
  • 離脱症状
  • 断薬期間
  • 代用に使えるもの
など

 

しかし、キッチリと知っておかなくてはならない点がいくつかあります。

 

 

デパス依存は4週間ほどで形成されるとされていますが、

 

その依存性や副作用で不安感が増すということをご存知ですか?

 

不安感を和らげる為の薬で不安が増す可能性があるんです。

 

 

これは多くの方が
デパスをやめる方法を探すキッカケになる悪循環です。

 

 

依存を脱するには精神的・身体的

 

両面から立ち向かわなくてはなりません。

 

 

デパスをやめるには、

  • 精神的に安心できて
  • 身体的な代役できる

ものが必要になります。

 

 

急激な断薬は危険です。

 

 

ゆっくりと別の安全なものに変更できればベストという事になります。

 

 

私がデパスをやめる為に代わりに飲んでいるドリンク

 


私もデパスをはじめ多くの抗不安薬に頼ってきました。

 

 

ほとんどの抗不安薬やうつ病の薬では、
脳内の感情をコントロールするセロトニン増強を目的としています。

 

 

つまり、デパスの代わりになるものとなると

  • セロトニン増強効果
  • 副作用がない
  • 依存性がない

という条件が必要になります。

 

 

私もいろいろと調べて試してきましたが、
以上の条件を満たしているのはコチラのドリンクだけでした。
【公式サイト】
>>>http://kokoronoaojiru
.com/

 

けっして安いものではなく、
味や匂いも良いものでもありません。

 

 

ですが、栄養機能食品でもあり、
デパスをやめたい方の多くが試しているという実績もあるようです。

 

 

もちろん
あくまで食品なので薬のように即効性はありません。

 

 

ですが、依存性も副作用もありません。

 

 

基本的には睡眠サポート系の健康食品になりますが、
セロトニン増強が期待できる点でデパスの代役に使われているようです。

 

 

1ヶ月飲んでみた感想

 

あくまで個人的な感想になりますので参考程度に読んでください。

 

 

結果的に
現在、デパスは飲んでいません。

 

他の抗不安薬も飲んでいません。
お守り程度に所持はしていますが。

 

 

 

ドリンクを飲み始めて2週間ほどした夜、

 

いつものように飲んだら、みぞおち辺りの重く冷たいモヤモヤがス〜っと取れた感覚がありました。

 

 

この時に深層心理で「効いたかも?」と考えたのだと思います。

 

 

その日は、いつもと比べてちゃんと寝れた感がありました。

 

 

それ以来、デパスは飲んでいません。
もともと飲みたくない薬だったのと、ちょっとした安心感で飲まなくても大丈夫になったんです。

 

 

 

とても些細でウソっぽい感想かもですが、僕に起こった出来事です。

 

 

デパスを始めとする抗不安薬では
「耐性形成」も問題とされています。

 

 

長く飲んでいるとだんだんと効き目が弱くなってくるアレですね。

 

 

効き目が弱くなると別の薬も飲む必要が出てきます。
僕のように増えていきます。

 

 

 

デパスをやめるキッカケとして1度試してみても良いかと思いました。

 

 

お試し価格ならこちらの特設サイトからです(終了していたらゴメンナサイ)
>>>http://kokoronoaojiru.com/
特設キャンペーンページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<あとがき>

私は会社に勤め始めてからしばらくして、きちんと睡眠をとることができなくなりました。医者に行ったらすぐにデパスを処方してくれたのですが、それ以来でデパスに頼りきりなんです。やめる方法を探していました。デパスもきちんとした薬になりますので、副作用は必ずあります。ましてや私のように長い間連続に服用していると副作用もどんどん大きくなっていきますし、デパスそのものの効果が薄くなってゆきます。
デパスを始めとした抗不安薬などと呼ばれる精神安定剤や短期睡眠導入剤等に対して体は体制を作っておきます。なので1番初めに飲んでいた量より長年飲んだ後では、同じ量飲んでも効果が違ってくるんです。これに加えてデパスは服用してから4週間を過ぎたあたりから依存性が形成され始めるそうです。これは、身体的な依存でもあるし、精神的な依存でもあるのでかなり危険だということです。身体的にデパスを急にやめることになったとした場合、体はそれなりの反応します。さらに精神的な面でデパスを急にやめることになったと言う不安から、新たな不安症や、睡眠障害が起こる可能性もあります。なのである程度長い間、デパスの服用をしている人の場合には、急に止める事は危険とされています。
だからといって、このまま副作用我慢しながらデパスを服用し続けていくのも不安になりますよね。不安を取り除くために飲んでいるデパスで不安を招いてしまうわけですから本当の意味で悪循環になっていると思います。それではどうやってデパスを止めるべきか?
個人的には、厚生労働省の認可を受けている健康ドリンクを試しています。セロトニンに影響を与えてくれる成分が含まれている食品なのですが、あくまで食品になってくれるので、副作用が一切ありません。それに加えて緊張をコントロールするセロトニン増強の効果が期待できるので、うまく続けることができれば、デパスと同等の効果が得られるかもしれません。いきなりでデパスをやめる方法を考えるのは精神的にも肉体的にも危険とされているので、こういった代替え食品を使いながら少しずつやめる方法が現在では取り入れられているようです。私が飲んでいる健康ドリンクは、あくまで睡眠サポート系のセロトニン増強ドリンクになるのですが、こういった意味で代わりに飲んでいる人は多いようです。効果についてはやはり個人で別れてしまうと思うので必ずデパスと同じような効果を生んでくれるとは限りません。ですがこのまま何もせずに、どんどん精神安定剤を増やしていくのであれば、いちどこういった食品で薬をやめることを試してみても良いかもしれません。金額的にも少し高いものになりますが、このまま長い間薬に対してお金を使っていくのであれば、試してみる価値はあるかなと思いました。
誰かに、デパスをやめる方法について相談してみたところでも、やはり服用していない人にとってはただの薬としか考えていないようです。そのため副作用の辛さはやはりわかってくれないんですよね。デパスを飲んでいるときは、確かに落ち着いて睡眠をとることができたり、心が落ち着いたりするのは感じます。ですがそれに加えて副作用があるのですが、この副作用がデパスを飲む理由になったりしています。もうこうなってしまうと何が何だかよくわかりませんよね笑。これからも長い間もしくは死ぬまで薬に頼って行く位ならいちどくらいは別の方法を試してみたいと思ったんです。心の問題は、サイコセラピーや、カウンセリング等と併用して抗不安薬を使っていくのが1番の改善方法だそうです。とても当然のことのように思えるのですが、自分が心の問題を患っているということを認めるのはあまり嬉しくありません。むしろ恥ずかしく感じてしまうのでサイコセラピーやカウンセリングに行くのもためらってしまうんですよね。一緒に行く事はなんとなく慣れてきたのですが、カウンセリングには抵抗があります。できれば他の物には頼らないで、デパスをやめることができれば良いなと思っています。
薬に頼らないで自分のコントロールができるのであれば普段と変わりませんからね。